中古パソコンを購入するメリットとは?

中古パソコンを購入する前に、これだけは注意しておきたいポイントとは?

中古パソコンは数年間使用された製品が多いです。寿命が短い・欠陥がある・傷がある……場合もあります。どこまで、デメリットを妥協できるかが大事です。購入する前にはどういった点を注意するのかをまとめておきましょう。
 

目的に合ったスペックを選びましょう!

 中古の場合でも何かしらのOSが入っています。種類やバージョンを確認しましょう。バージョン毎のOSのサポート期間が異なります。長く利用したい場合はサポート期間が短いOSがインストールしているモデルは避けたほうがいいでしょう。
 
あとはメモリです。自宅でインターネット閲覧程度ならば、4GBもあれば十分。しかし、インターネットを利用して仕事をするとか、ビジネスで利用する場合、8GBは欲しいところです。メモリが多いほうがストレスを感じることもありません。
CPUもメモリと同じでビジネスに使うならばそれなりのスペックのものを選びたいです。
 

中古である故に欠陥には注意を払っておきましょう!

 型落ちとか店頭展示品とか、中古パソコンでも新品に近い製品もあります。しかし、一般的には前に所有していたユーザーが数年間使用されたものが大部分です。以前に、どのように使用されていたのかによって、パソコンの寿命も違ってきます。
 
中古パソコンを購入する場合は、使用状況がどんなものであったのかをチェックすることが重要なポイントになります。では、どんなところを見てチェックすればいいのでしょうか?参考にご紹介しておきましょう。
 
まずは、キーボードの状態をしっかりと見てください。文字などがクッキリ見えるでしょうか?すり減り具合が激しくて、文字が見えなくなっている中古パソコンは、とても利用頻度が高かったと考えていいでしょう。ビジネスで利用されていたに違いありません。
 
USBポートの埃の詰まり具合も使用状況の目安になります。チャンとした中古パソコン販売店ならば、埃などの処理もしっかりしていると思います。
 
ノートパソコンタイプの中古パソコンならば、バッテリーが十分に機能するかどうかです。それ以外には、付属品が揃っているのかとか、傷の程度は納得できるほどなのかどうかです。
中古パソコンの商品の説明がしっかりできている店舗ならば信頼できます。展示している商品だけで、具体的な説明がないようなところは手抜きしています。アフターサービスなどの面でも不安がありますね。どこまで、しっかりと説明しているか?問題点はどこにあるのかが明確かどうかを注目すれば失敗して購入することも防げます。新品と違って、1つひとつ違ったコンディションですから、見る目が必要なのです。